[ご案内] 旅の記録 travelを一覧表示しています。こちらからトップページへ戻れます。

タイ、バンコク旅行2012

共有ボタン付きページはこちら: http://blog.kimihiko.jp/article/56230445.html

タイ、バンコク旅行2012

もうだいぶ前(といっても一ヶ月前か。)になりますが、
ゴールデンウィークにタイ旅行に行ってきました。
タイで観光したのはバンコクのみです。4日ほどの滞在でした。

いつもはだいたい旅の道中か、旅が終わってすぐ
ブログに旅行記を記していましたが、今回はどうも書く気になれなかった。
ある程度情熱が沸かないとブログ記事に出来ません。
今回はそれほど思い出に残ることがなかったのかな、というわけで
そのまま書かずに居ました。

また、だいたい自分らの海外旅行のパターンというのが
どこへ行っても大体お決まりのパターン(高めのホテルに泊まって、美味しいものたべて、
目玉の観光地に出向いて、主にホテルのラウンジや施設でリラックス)なので
そういう意味で新鮮味が薄れてきたのかな、という思いもあり、
それならそれで書かなくてもいいかな、と思っていました。

でも、書いていなかったことが自分の中ではずっと気になっていました。
なぜならこれまでの海外旅行は恐らく全て旅行記としてブログ記事にしていたからです。
ならば、やっぱり書こう! という答えに至り、
勇み気味でPCの前に座った次第です。

旅行から一ヶ月が経ちましたが、タイ旅行について再度、思い出してみました。
すると複数のキーワードが頭の中に浮かんできました。
そこから思い出を引き出してブログ記事にできそうです!

というわけで、前置きが少々長くなりましたが
今回はキーワードごとにタイ旅行の思い出を手短に綴っていきます。

また今回からブログのレイアウトを少し変更しました。
これは写真を大きく見せられるようにするためのものです。

その後、ブログの改修によってこのレイアウトは廃止しました。
ただ、スマートフォン(縦方向を想定)でも
なるべく見やすいようなつくりにしましたので
スマートフォンからも見てくださいませ( ´ ▽ ` )


画像については後半にまとめて載せましたので
そちらもお楽しみくださいませ( ´ ▽ ` )

ニューハーフ
タイといえばニューハーフ、ですよね。
びっくりしたのが、街中でも普通にニューハーフの皆様が居ることです。
普通のお店の店員が、ニューハーフだったりします。
たまたま立ち寄った普通の靴屋の店員さんがニューハーフだったりしたので、
商品より店員さんに目が行ってしまいました(笑)
…夜のバンコクは妖艶なニューハーフの雰囲気にまみれていました。
帰国してから思ったのですが、思い切ってニューハーフショーくらいは行けばよかったかな、
とも思ったのですがまぁ日本で一度だけ行ったことはあるからもういいかな。。

チチヤスヨーグルト
バンコクの、若者の集まる、とあるショッピングモールに立ち寄ったときのこと。
前から歩いてきた若い男性の着ていたシャツに釘付けになりました。
「チチヤスヨーグルト」 げっ・・・
でも、これって日本で英語のシャツを着ている感覚と同じなんだろうなぁと
思ったのですがやっぱり「なんちゅう…」と思わざるを得ませんでした。
あまりのショックだったもので、帰国したあとにツイッターでもつぶやいたのですが
タイ旅行で一番思い出に残っているかもしれませんww

暴走トゥクトゥク
バンコク最大の見所、ワットポー寺院の帰り、
周辺のタクシーを拾うと、どうも皆一律に高い値段をふっかけてくるようでした。
少し粘っていると、一台のトゥクトゥクがやってきました。
それまで、ふっかけられ続けていたことに嫌気がさしていて、
かなり安い金額で交渉をしていったところ、そのトゥクトゥクの運転手は、
かなり嫌な様子でしぶしぶ了承し、走り出しました。
それが最初で最後のトゥクトゥクだったので、
トゥクトゥクの基準はいまだによく分からないままなのですが、
その運転手は不定期的に独り事を叫び、爆音と排気ガスを撒き散らしながら
汚い下町風の路地をかっ飛ばしていきました。正直少し生きた心地がしませんでした…。
ここは“微笑みの国タイ”だったはず。。
お金を出すと皆、微笑んでくれるのですが、ちょっと残念な体験でした(´・ω・`)

本格タイ料理
食べることが大好きな私達は、タイに来たからには
クチに合う、合わないにかかわらず、一度は本格タイ料理を本格レストランで食べよう!
というわけで食べてきました。
トムヤンクン…。正直、日本でも一度も食べたことがなかったように記憶しています。
そして、食べました。
辛さは少し抑え気味にしてもらったのですが、、 。。。カライ!
そして、クセもある! 美味しいの。。。?
けどもうコレで最後でいいや。。。というかんじでした。(笑)
私はふりかけが好きなので、おみやげに“トムヤンちりめんふりかけ(?)”なるものを
買って帰りました。ふりかけやし、それは割と美味しいかな、と思ったのですが、
結果はトムヤンクンは、やはりトムヤンクンでした。

タイマッサージ
日本人がやっているラグジュアリーなタイマッサージの店に行きました。
これがかなり良かった!
蒸したハーブボールを 肌に直接押し当てながらマッサージする、という
タイ伝統マッサージもやりましたが、
これはアチチ、アチチというかんじで、普通のほうがよいかんじはしました。

至高の屋上レストラン
タイ、バンコクは想像以上の都会で、高いビルが林立しています。
そんな高層ビルの屋上で、星空ときらめく眼下の街を眺めがらの
スペシャルディナーを楽しめるお店が人気!みたいです。私達も行ってみました。
もうこれは夢のような現実がそこにありました。
高層ビルの屋上だから風が凄いのかと思えばそうでもなく。
またタイは熱帯であるので、夜の外というのは最高に心地よいシチュエーションなのです。
もし、これからバンコクに行かれる方がいらっしゃいましたらぜひ
この屋上レストランは体験してみてください。おすすめします( ´ ▽ ` )


P1000402
▲ホテルにて

P1000409
▲ここのタイマッサージはよかった!

P1000406
▲再利用

P1000395
▲グリーンシティ、バンコク

P1000405
▲電線の適当さに圧倒されました

P1000460
▲ガイドブックにも出てくる、本格タイ料理レストラン「ブルーエレファント」

P1000458
▲本格レストランの、本格トムヤンクン!

P1000592
▲暴走されていた(のではない)トゥクトゥク

P1000595
▲ショッピングモールにて

P1000564
▲天高く

P1000568
▲みなぎるエナジーをこの手に!

P1000477
▲タイの家にはキッチンが無いらしい。タイでは外食が当たり前なんだとか。
 なので街の至るところで屋台が軒を連ねています。

P1000608
▲夜空に浮かぶ、スカイバー

P1000637
▲夢のような至高の屋上レストラン

P1000645
▲この夜景は圧巻の一言でした!

P1000770
▲最後まで見ていただいてありがとうございました。

韓国ソウル旅行2011 3日目

共有ボタン付きページはこちら: http://blog.kimihiko.jp/article/49212167.html

韓国ソウル旅行2011 3日目

================
1日目
2日目 その1
2日目 その2
2日目 その3
2日目 その4
3日目(←今回の日記)
================

振り返れば、あっという間の3日目です。
でもそれくらいのほうが夢心地の旅行らしくていいですね!!

291889_2490803070472_1264608568_32907575_1298001951_s
zzzzz.. いつのまにか撮られていたのですが、
それはおいておいて。

320136_2490803190475_1264608568_32907576_97351024_s
清潭洞(チョンダムドン)にあるオシャレなカフェにて。
中庭もあってとても素敵な高級カフェといったかんじでした。
このあたりは、ソウルのセレブエリアとされるようで、
日本の青山をイメージしたらいいんですかね。

312512_2490803470482_1264608568_32907578_1012111862_s
シーフードパスタを注文。
魚介がごろごろ入っているのが特徴的でした。
酢漬けのピクルスの盛り合わせ小鉢がついてくるの
韓国っぽいですよね。ししとうのピクルスは
辛すぎてどうしようもなかったですが、
ピクルスも美味しかった。

317644_2490803630486_1264608568_32907580_1160827163_s
こちらは、この店でおすすめとされているワッフルのデザート。
チョコがけのワッフルに、果物がごろごろ。
量がハンパ無くて、日本人なら3人くらいでも大丈夫だと思いますた。

293505_2490803830491_1264608568_32907582_190214120_s
周辺の様子。広々とした道路と並木が続く。
高級ブティックやお店が並んでいました。

313835_2490804430506_1264608568_32907587_1448634772_s
帰りはこれにのってかえりましたぁ。

308381_2490805310528_1264608568_32907591_143617940_s
帰りの機内での夕食。
これは一体?というかんじですが、これを混ぜると。。

312015_2490805510533_1264608568_32907592_1279963611_s
こうなります!! 韓国版お茶漬けのようなかんじもしないでもなかったですが、
夕食にしてはちょっと質素で健全なかんじはしました。
スープもつけて100円! 。。いや、節約生活では無かったですね、はい。

298525_2490805630536_1264608568_32907593_1662758191_s
韓国で度々飲んだ hite というビール。
飲みやすく自分の口には合ったので気に入りました!

300756_2490804950519_1264608568_32907589_341880463_s
それでは寝ながらの帰国とさせていただきます。

ありがとう、韓国!


================
1日目
2日目 その1
2日目 その2
2日目 その3
2日目 その4
3日目(←今回の日記)
================

韓国ソウル旅行2011 2日目 その4

共有ボタン付きページはこちら: http://blog.kimihiko.jp/article/49212163.html

韓国ソウル旅行2011 2日目 その4

================
1日目
2日目 その1
2日目 その2
2日目 その3
2日目 その4(←今回の日記)
3日目
================

友達のおかげもあって今日は色々見れてよかった!
あとはディナーを残すのみとなり、
私達はソウル一の繁華街、明洞(ミョンドン)へ繰り出しました。

P1050500
ソウルの地下鉄はシンプルで綺麗です。
ローカルっぽい広告も無くて、どこか洗練されているイメージでしたね。
こんな洞窟のように作られた場所もありましたが、、

P1050501
これが、ザ・ミョンドン!
ソウル随一の繁華街。眠らない街です。
個人的には大阪の道頓堀的な活気を感じましたね。
“マツサーヅ”はご愛嬌ですかね。
日本人もものすごく多く、日本語の客引きも凄いです。

P1050502
留学中の友達から、とっても美味しいから食べてみて!
と教えてもらったお店に到着。
注文と同時にサイドディッシュがずらり並べられますが
これらはすべておかわりし放題!!
このあたりの豪快さは日本ではありえないのでうらやましい限り。
韓国焼肉は豚よ!ということで、豚を注文したのですが
安いうえにボリューミーかつめっちゃ美味しかったです。
調理は店の方が基本的にぜんぶやってくださいます。
でかい豚をドカーンとのせてゆき、焼けるにつれ、最後は
はさみでチョキンチョキンと食べやすい大きさにしてくださいます。
食べるのに夢中で写真はとっておりません!ごめんなさい!(笑)

P1050507
お腹も満足で再び街へ。
ミョンドンの中心は本当に明るい。昼みたいでした。
日本の節電なんて言葉はここには無いですね。

P1050508
日本では祭事くらいにしかでない屋台店舗が
ここにはずらずら並んでいて、これが活気を生んでいるんだろうなぁと
思ったのでした。食べてませんが!

こうして、エキサイティングな2日目は終わったのでした。
すべては友達のおかげかな、本当にありがとうございました!


================
1日目
2日目 その1
2日目 その2
2日目 その3
2日目 その4(←今回の日記)
3日目
================
2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 
 
2014年01月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
コメント
お問い合わせ
Powered by さくらのブログ