[ご案内] 2011年01月に書かれた記事を一覧表示しています。こちらからトップページへ戻れます。
2010年12月 | 2011年01月 | 2011年02月

香港旅行2011

共有ボタン付きページはこちら: http://blog.kimihiko.jp/article/42534240.html

香港旅行2011

-------------------
・第1話(本ページ)
第2話
第3話
第4話
-------------------

こんにちわ、kimidoraです。
年明け早々ですが、今年初の海外旅行、行ってきましたよ!
年末年始に海外で。。という方は多かったのでしょうね。
うちは少しずらしました。

行き先は香港です!人生初です!とっても刺激的でした!
今回も前回の旅行記同様、香港滞在中に書きたかったのですが
旅程がハードなかんじで断念してしまいました。

というわけで帰国後になりましたが
それでは以下どうぞ!

P1040293
キャセイパシフィック航空を利用しました。
直行便で香港まで4-5時間の大空の旅へ!

香港国際空港に到着後、列車で香港駅に向かいました。
電車の作りがすごく良くて、ガタガタとした音が一切しないかんじでしたね。

私はこれまでいくつかの国を旅行してきましたが、
電車に関しては諸外国のほうが優れている気がします。

香港駅からホテルへはタクシーで移動しました。

香港のタクシーは初乗り運賃が安いです。
18香港ドルですから日本円にして200円程度でしょうか。
なので結構気軽に乗れちゃいます。

とくに香港(島)は、起伏のある複雑な作りの都市なので
たとえば地図の通りに道を横断しようとしても
そこは地上からは渡れず、ビルを通り抜けたり地下道を通ったりするなど
複雑なんでタクシーは重宝します。
街中を赤いタクシーがビュンビュン走ってましたよ。

ちなみに街中を走っている乗用車のほとんどが日本製でした。
しかも、ほぼすべてがTOYOTAというかんじで。
他にも日本製の物や看板広告はいたるところで目にしましたね。

ホテルにようやく到着したのは午後3時でしょうか。
とりあえず腹が減ったのでホテルで食事にすることにしました。
レストランはもう閉まっていたのでカフェにて。

P1040294
香港で始めて食したワンタンヌードル。
とくに美味だったのがこのワンタン!
海老のぷりぷりさがもう半端なかったです、もう尋常なく。
全体的にあっさりした味わいでとても美味でした。

P1040296
そのとき同時に食べたナシゴレン。
これも日本人の舌によく合う美味しさでしたね。
また付け合せ(?)として写真後ろの焼き鳥っぽいのもがあったんですが
食べると焼き鳥ではなかったですね。
また手前のピクルスが、この料理のなかで最も辛かったです。
これが辛いなんて想像できないですよね。

。。。

あとナシゴレンってインドネシアとかの焼き飯なんだそうですね。
今書きながらちょっと調べました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%82%B4%E3%83%AC%E3%83%B3
ちなみに。。ウィキペディアによるとですね。
揚げせんべい(エビ味)をクルプック、
ピクルスだと思ったものはキュウリ、
焼き鳥はサテというらしいです。勉強なりました。

私はいつも休日の自宅ランチは
ラーメンと焼き飯が定番なんですよね。
なのでそれにちなんで、ガイドブックを片手に
香港でもラーメンと焼き飯っぽいのをセレクトしました(●´ω`●)

。。。その日の夜。

P1040298
香港といえば夜景!
夜になると林立する高層ビルが鮮やかに光を放ちます。
というわけで、その日の夜は
百万ドルの夜景を一望できるピークタワーへ!

P1040297
ピークタワーへはトラムと呼ばれるトロッコのようなもので
登るのですが、その入り口付近です。

P1040299
ピークタワーは香港随一の観光スポットなので、
チケット売り場も、ご覧の通り、この混み具合ヽ(゜Д゜;)ノ

P1040300
カップルやらご家族連れ、友人同士など様々な人々が訪れます。
日本人は多くはないけどちらほら居ましたね。

P1040302
『まだかなまだかな。。。』

P1040303
キタッ!!

P1040306
車内はこんなかんじです。
結構たくさんの人が乗れますがそれでも
直ぐに人が一杯になります。
人がなだれ込むので、さながら椅子取りゲームといったところでしたが
私達はなんとか行き帰りとも座れました(笑)

P1040308
トラムは角度を変えながら
急斜面の住宅街をすり抜けて山を登っていきます。
夜なので分かりづらいと思いますが
こんな急勾配になることも!
この写真はこれで水平です!窓の外のマンションの光を見てください!

P1040316
トラムを降りるともうそこがピークタワーです。
この建物、何度かリニューアルして今のカタチになったようですが
なんとも変わった形の建物ですね。日本では絶対無い感じ。
最上階が、絶景の展望スペースになっています。

P1040309
これがピークタワー最上階からの夜景!
このショットはよくガイドブックなんかでも出てきます。
夜景モードで撮った写真がうまく撮れていなく
通常モードで撮影した、この写真からは伝わりにくいのですが
それはもう圧巻の一言。香港の夜は本当に美しいです。

P1040312
ぼけてるので小さな写真でご紹介しますが、夜景モードだとこんなかんじ。
若干明るく遠くまで見えるようになります。

P1040315
展望台はこんなかんじで人だらけ。
中央の人は商売で写真撮影をしていた若いお兄さん。

P1040317
夜景を見終わって帰りのトラムを待っていたときに
みんなのアイドル化していた もふもふヘアーの白トイプードル。

P1040318
こちらも、ここの名物なのでしょうか(笑)

香港二日目へ続きます。

-------------------
・第1話(本ページ)
第2話
第3話
第4話
-------------------

ペロペロにご用心

共有ボタン付きページはこちら: http://blog.kimihiko.jp/article/42405093.html

ペロペロにご用心


まず、最近の私のこと。

不摂生もあり、口の周りにデキモノができたり
皮膚が荒れたりすることが多いのですが、
つい最近までクチの両方の端っこが切れていて
あくびをしたり、食事のときにクチをあけるだけでも
ピリッとした痛みや、切れた部分から出血があることも
あったんですね。
しかもそれが長引いていました。

治りが悪いということで
単純な肌トラブルというより、なんとなくですが、
口唇ヘルペスなのかな、と疑い始めました。

そののち、少しだけ医師の診断を仰いだのですが、
痒みや水ぶくれなどの症状はなかったので、
結局、口唇ヘルペス、ではないのかなという
診断結果になりました。


だとしたら?

クチの端に出来たニキビからの悪化かな?
という、第二の疑念が沸いてきました。

そちらについてはネットなどで自分で調べたのですが
可能性は無きにしもあらず、といったかんじでしたが
確証を得るまでは至りはしませんでした。

なぜならニキビ予防のために
食生活を気をつけたり、クチの周りの食べこぼしに気をつけたり、
ということをしてみたのですが
一向に良くならなかったからです。

なので、もう年齢的に回復力が劣ってしまって
仕方が無いのかな。。。と、半ば諦め気味だったんですよ。


そんな不安な日々を過ごしていて、
ある日ふと、ひとつ、気づいたことがありました。


そういえば、、、、愛犬によくクチの周りも
ペロペロされているけど、それが原因とか??

半信半疑でしたがまず 犬にぺろぺろされることは
衛生上どうなのか?というのを調べてみたんですね。
まぁ、多少は良くは無いだろうとは思ってたんですよね。

すると。。。

やはり、良くは無かったです。
というか想像以上にダメダメだったみたいです。
人間にとってヤバイ菌もいくつかあるようで。。!!

クチのペロペロやめさせなきゃ!


もちろん、とはいえ、いつも膝の上に乗せるとことは
もはや愛犬とのコミュニケーションのひとつになってるし、
その時に顔に向かってペロペロしてくるのも、もはや習慣になっているので、
今まで良かったものを全くダメって静止して
触れさせないのも可愛そうかな、と思い、ひとつ策を立てました。


ラップをクチのあたりだけにピタっと巻くんです。

すると読みどうりに、愛犬は自然な感じでラップに包まれた
エリアだけペロペロを諦めるようになりました。

それから数日ですよ。

明らかにクチの切れていた部分が良くなってきていて、
治ってきている感覚がありました。
白く粉をふいてしまうガサガサだった口周辺の皮膚も
状態が改善してきました。

きっと、クチの端の切れていた部分は
始めはニキビが悪化したものだったんでしょう。
それが恐らく自然治癒していくところに、
ぺろぺろのせいで、毎日菌を入れている状態になっていたので
自然治癒するところが、せずに、治らない状態が続いていたんでしょうね。


原因が分かって本当に良かった。


愛犬は、手も足も顔も、肌が露出している箇所なら
どこもかしこも舐めてきます。

若干いやらしい?表現ですが
もう静止させないと穴と言う穴をぜんぶ舐めてきます。

舐めさせ続けてもう、数年ですかね?

私は愛犬がかわいくてかわいくて仕方が無いので、
とくに静止はしてきませんでした。
衛生的な問題も多少はわかってましたが
それでも可愛さゆえ許していたんです。

でもそれじゃあダメなんですね。
もしかすると、もっと病気をもらってしまう
可能性があったかも知れないし、
これからもあるかもしれない!!


なので、これを教訓に
なんでもかんんでも自由にさせるんじゃなくて、
制限させるのも、人間と動物の共存には不可欠なんでしょうなぁ、
なんて改めて思ったのでした。


。。。今日は、単なる“親バカ”のぼやきでした。
すいません。

2011年の抱負・決意・心がけなど

共有ボタン付きページはこちら: http://blog.kimihiko.jp/article/42364290.html

2011年の抱負・決意・心がけなど

早いものでもう今日でお正月の三が日最終日ですね。
私を含め明日から仕事という方も多いのではないのでしょうか。

思いつき感は否めませんが、
2011年の抱負・決意など以下羅列します。


・基本的に欲望のまま、やりたいように生きる。
⇒人生に後悔したくないから。もちろん人として社会人としての常識の範囲内で。
これは基本的にずっとそうですけれども。


・前向きに生きる
・あきらめない

⇒今年の人生にも障害は山のようにあるでしょう。
というか既に障害はいくつもあります。
でもその現実を悲しむだけではなく常に前向きに生きていこう、と。

ちなみに“諦めない”とは、“決して物事を諦めない”とは違います。

。。。何を言ってるの、自分???

ちょっと言い方が分からなかったので
こんな言い方になってしまいましたが、
何事も諦めないということではないということです。
諦めてもいいんです。

。。。は?? だから何が言いたいの???

というツッコミが入りそうですね(・ω・;)

時には取り組んだことを諦めざるを得ないことがあるかもしれない。
そのときは潔く諦めよう。
ただ諦めたあとは、前向きに次の挑戦に力を注ぐ。
決して生きることを諦めない。

大げさにいえばこんなかんじですかね。
うまく伝わらないかもですが。。


・自分のプライベートを一切しゃべらない相手に、
 安易に自分のプライベートをぺらぺらとしゃべるな。

⇒ここでのプライベートとは、文字の意味どうり、個人に関わること全てです。
よく意味するところの“仕事以外の時間”という意味のプライベートではありません。
仕事も仕事以外も全てを含めたプライベートを指します。

これは昨年自分がそういったことで、良くない事態になってしまったときに、
教えられた言葉です。言われてみれば、そんな相手に人間味を感じないし
信用できるはずもないですよね。
難しいです。人間関係は。
死ぬまで、よくも悪くも、悩まされるのでしょうね。


・口に合わないものを無理して食べない。
⇒勿体無いから、という理由でいつも食べてしまうのですが
そういうときっていうのは自分自身全く嬉しくなく、
拷問のようにすら思うことがあります。
さらに精神的にも肉体的にも良い事は無いでしょう。
というわけでこの貧乏性を直そうかな、と。
なかなか言っていても治るもんじゃないかもしれませんが。。


・愛犬に口をなめさせない。
⇒愛犬が顔を舐め回したり、という事象はよくあることなのですが
衛生的によろしくないようですし、今年からはさせないぞ!と。
とはいえ愛犬側も、もはや顔を舐めることが習慣化しています。
なので強制的に止めさせるために、愛犬が来そうなときは
口をふさぐようにラップを巻いています。
ラップを巻いているとさすがに膝の上の愛犬も舐めるのをやめてくれてます。


。。。後半はとくに、本当に思いつき的なかんじで申し訳ないです。
また思いつきで加筆修正するかもしれませんが、
とりあえず、以上とさせていただきます。
1 2 4 
 
2011年01月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
コメント
お問い合わせ
Powered by さくらのブログ