[ご案内] 2009年06月に書かれた記事を一覧表示しています。こちらからトップページへ戻れます。

バリウム初体験記

共有ボタン付きページはこちら: http://blog.kimihiko.jp/article/29694907.html

バリウム初体験記

健保ドック(人間ドック)行ってきました。

私もいつのまにか今年で三十路というわけで
今年の検診から健保ドック(簡易人間ドック?)になりました。

検診日が決まってからずっと不安でした。

その理由が検査項目のバリウム(胃の検査)だったのですが
ついにその日になってしまいました。。。


人生初バリウム、さっきやってきました!


検査室に入る前に、看護師さんから下剤を手渡されました。
飲んだバリウムを、検査終了後にいちはやく体外に排出するためのものだそうで。。
私はバリウム初体験ということで余分に下剤を手渡されました。。。

まず、粒状の発泡剤をクチに含んで少量の水のようなものを飲まされます。
発泡剤は苦いのかなと思ったのですが意外に苦くは無く。。。

次に白くてトローっとした液体の入ったカップを手渡されます。
それがバリウムなのですが、それをまずひとくちゴクッといきます。

そのあと回転台に立ったまま乗ります。

そしてゴクゴクゴクっと残りのバリウムを一気に飲んでいきます。
。。。このあたりの指示からは、別室に入った看護師のスピーカーの声になります。

問題のバリウムですが、感覚としては水溶き片栗粉を飲んでいるかんじ。。。?
いや、そんないいもんちゃうわね。。。もうちょっとトローっとしてますが、
意外に粉っぽくはなくて、かすかに甘くて、苦くは無かったです。
想像よりは飲みやすかったですね。

飲んだら回転台のてすりを持って、いよいよ台が動きだします。
回転台は、看護師の操作でいろいろな方向に動かされます

これは飲んだバリウムを胃の内幕にまんべんなく定着させるのが目的だと思われます。

動くのは回転台だけではなくて自分自身もです。
看護師さんの指示で体を左に向けたり、右に向けたり、
仰向けの状態から右に一回転など。。。そういうのの繰り返しです。

。。。幸い私はゲップもなく検査はすんなり終わりました。

検査後、バリウム(胃の検査)体験者には、控え室でドリンクとお菓子を振る舞われました。
。。。私はたまたま同じ会社の人と一緒だったので
お茶をすすりお菓子を食べながら ペチャクチャしゃべってました。

バリウム未体験者のみなさま、バリウムは意外に恐るるに足りません!

。。。と思ったのは私だけかしら?
いや、まぁ、でも、楽しいもんでもないので、
やっぱしなくていいならしたく無いものですが(*´д`*)


。。。

ちなみに、エコーはぬるぬるをお腹に塗るので気持ちよかったです(*´д`*)
 
2009年06月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
コメント
お問い合わせ
Powered by さくらのブログ