[ご案内] 2008年12月に書かれた記事を一覧表示しています。こちらからトップページへ戻れます。
2008年11月 | 2008年12月 | 2009年01月

ビッくらポン!!

共有ボタン付きページはこちら: http://blog.kimihiko.jp/article/24174145.html

ビッくらポン!!








って、、ついに気でも狂ったか、と思われたかもしれませんが
そうぢゃありまへん(*´д`*)



今日、無添くら寿司でおひる食べてきました。

おあいそ時、テーブル横にある通称「皿カウンター」ところに
皿をポイポイ投げていくと、皿を自動的に数えてくれるのですが、
5枚ごとにハマーチャンス!というわけで、
席ごとに設置されている注文用の液晶タッチパネルが
ガチャガチャだまの当たるチャンスモードに早がわり(*´д`*)
あたりが出ると、カプセルが出てきます!!!

ふたりで食べに行って、
計16枚ぐらいだったのですが、3回チャンスのうち、
なんと2回当たりがでまして、そのうちのひとつがこれ(*´д`*)

081211_233600
拡大します (開いた画像を閉じるには、写真より外側をクリックします)


ビッくらポン!! オリジナルクリスマスストラップ
対象年齢6才以上です(*´д`*)

081211_233947
拡大します (開いた画像を閉じるには、写真より外側をクリックします)


単なるストラップかなぁおもてたんですが、
なんとこんなふうにクリスマスツリーにでも飾れそうなオーナメントに早変わり!

すごい(*´д`*)


大人も子供も楽しめ、当たってうれしい「くらのアメニティーゲーム」ビッくらポン!!
http://www.kura-corpo.co.jp/amenity.html

ゲームを懐かしむ。「エフゼロ」編

共有ボタン付きページはこちら: http://blog.kimihiko.jp/article/24130685.html

ゲームを懐かしむ。「エフゼロ」編

↓↓これはすごいなぁ



こういう技ってどうして見つけるんだろなぁ
コースなんかを見てこの距離なら跳べる!って思って
何度も試したんだろうなぁ。はじめてやったひとって。

それにしてもエフゼロの曲は
どれもこれも耳に染み付いていて、どれもこれも好きでたまらない。
ゲーム的にも素敵過ぎる。(*´д`*)

これだけゲーム的にも曲的にもサイコーに秀逸なゲームって
歴史上、そう無いと思う。

ゲームってグラフィックじゃないって知らしめている代表例じゃないのかなぁ。

。。。ま、とは言え、いまさらこのクオリティでゲーム出されても、
たぶん、むりなんですけど(*´д`*)

こういう動画見てると、
テレビにかじりついてスーファミやってた頃が懐かしいですなぁ。


↓↓↓これはこれで気が狂いそうなくらい凄い。




もっともっとエフゼロを懐かしみたい私のような回想ゲーマーな方はこちら↓↓↓
きっとあの頃へ戻りたくなりますよぉお(*´д`*)


Big Blue
http://jp.youtube.com/watch?v=Ji089dLCLI4
Sand Ocean
http://jp.youtube.com/watch?v=4Yrb_yFtSsc
Death Wind 2
http://jp.youtube.com/watch?v=MKFP3rrPq_s
Red Canyon
http://jp.youtube.com/watch?v=f6ArVW7f6Ok
Port Town
http://jp.youtube.com/watch?v=ZdiOWpKgGew
White Land 2
http://jp.youtube.com/watch?v=oiPqFFFnaIQ
Silence
http://jp.youtube.com/watch?v=k9pIgHZe-KM
Fire Field
http://jp.youtube.com/watch?v=yBYe168cSkI

イノセント・ラヴ

共有ボタン付きページはこちら: http://blog.kimihiko.jp/article/24040857.html

イノセント・ラヴ

ino
拡大します (開いた画像を閉じるには、写真より外側をクリックします)


イノセント・ラヴ - フジテレビ
http://wwwz.fujitv.co.jp/innocentlove/index.html

さいきん、見ていておもしろいドラマです。
主題歌には、連ドラとしては珍しく、かなり昔にリリースされた曲を
アレンジしたものを使われています。

具体的には、2001年にリリースされた宇多田ヒカルの2ndアルバム『Distance』に
収録されていたEternallyをドラマミックスとしてアレンジしたものを使われています。

この曲が耳から離れません。
ドラマの力ってすごいなぁと改めて思うのでした。。


イノセント・ラヴ - Wikipedia
http://tinyurl.com/6ds9p6
幼い頃に両親を殺害され、兄も殺人容疑で逮捕されてしまう主人公・秋山佳音(堀北真希)が、次々と困難に見舞われながらも、1人の男性を愛し抜く、現代版シンデレラストーリー。
1 2 3 5 6 
 
2008年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
コメント
お問い合わせ
Powered by さくらのブログ